田舎暮らし

【地元に帰りたいと思ったら!】まずは色んな事を知っておこう

地方移住

ようかんです。

 

地元から離れ、都心に進学・就職した方の中には、

「生まれ育った場所に帰りたい」「都会は疲れたから帰りたい」という方も多いはずです。

どういう理由で地元に帰りたくなったケースが多いのか、

地元へ帰る事でのメリット・デメリット、注意すべき事等を解説してきます。

 

この記事でわかること

  • 上京した多くの理由は、都心には可能性があるから
  • 地元に帰りたい方の多くは、ストレスフリーを求めている
  • 地元の文化や人間性、仕事面から帰りたくない方も一定数いる
  • 「会社が嫌」というだけの理由なら転職を検討しよう
  • 帰りたいのに帰れない状況なら帰省回数を増やしたり電話しよう
  • 地方で働くなら、テレワークがおすすめ

 

 

上京した理由は?

プログラミング

進学

都心は、大学や専門学校の数も多く、有名大学も多いです。

就職においても学歴はとても重要です。そのため、進学で上京する方が多くなります。

 

就職

大学だけでなく企業に関しても有名どころは、都心に多いです。

また、様々な業種と数が多いです。

収入や待遇に関しても地方と比較すると良い条件になる傾向です。

就職するなら都心を選ぶのは、正しい選択と言えます。

 

夢を叶えたい

都心は、様々な施設や仕事、情報が多くあります。

地方では、叶えられない夢や仕事を実現しやすいのは事実です。

夢をかなえるなら上京した方が、成功する確率は高くなるでしょう。

 

地元から離れたい

地元の環境が嫌だったという理由で上京したという方もいらっしゃいます。

地元の環境が面白くない、都会で色々な体験をしたい、等など

都会の環境に憧れて上京する方も多いです。

 

地元に帰りたい理由

地方移住

親が気がかり

地方は都会と比べて求人も少ないため、都会へ就職するという方は多いです。

また、離れた場所で暮らしているため、親と会う回数も年に数回となります。

親孝行ができていない何かあった時すぐ駆けつけられないという点が懸念されるでしょう。

 

知り合いが少ない

友人の多くは、学生時代にできる方が多いはずです。

社会人となると、業務の忙しさもあり、なかなか友人を作ることは難しいです。

友人がいないとなると、休日は一人でできる趣味や自宅でごろごろするしかなく、

充実しない休日となってしまいます。

 

都会の生活に疲れた

都会は人口が多いため気を使う場面が増え、常に気を使っていないといけません。

外出するたびに疲弊してしまい、地方と比べ精神への負担が大きいのが事実です。

 

地元に帰るメリット・デメリット

メリット・デメリット

地元に帰った際の最大のメリットですが「ストレスフリー」になることです。

デメリットは、「娯楽環境が少ない」ことです。

 

固定費が下がるという話も良く聞きますが、実は土地代と家賃以外は都心と大差ありません

地方では車移動も必要になるので、車代を考慮すると固定費が高くなる可能性もあります。

 

以下の記事でメリット・デメリットについて詳細に紹介しています。是非参考に。

地方移住
参考地元に帰りたい30代が増えている

地元にUターンしたい30代の方々が増えているそうです。

続きを見る

 

地元に戻りたくない理由

デメリット

コミュニティが狭すぎる

地方はコミュニティが狭いので、一日で噂が広がります。

良い内容ならまだしも悪口の場合は、良い気分にはなれません。

 

娯楽場所も決まっているので、知り合いと合うこともしばしば。

「〇〇さんが△△で遊んでいた」等、噂が広まってしまい監視されている気持ちになります。

 

仕事がない

前述しましたが、地方は仕事が少ないです。

希望にあった職種や自身の生活水準を満たす仕事があるとは限りません。

仕事を探しても見つからず、都心へ戻ってしまう可能性もあります。

 

地元の価値観になじめない

女性だと「結婚」について、親や周りから言われることもしばしば。

女性は結婚するものだという価値観の人が地方には多いです。

そんな話をされると不快な気持ちになってしまいます。

 

地元で仕事をしていても「逃げ帰ったやつ」と悪評が付く可能性も。

価値観の狭い人がどうしても地方には多いのです。

 

【注意点】帰るべきか判断基準

悩み

勘違いしやすいのが「都会が嫌」なのではなく「仕事が嫌」という場合です。

「仕事内容が嫌」「社内の人間関係が嫌」「待遇や収入に不満」などの理由です。

この場合は、転職や働き方を変える事で解消できる場合があります。

本当に都会の環境が嫌なのか、考えてみてください。

地元に帰ったからと行って、良い労働環境とは限りません。

 

退職を切り出すのがつらいという方は、退職代行サービスの利用も検討してみてください。

以下の記事で、退職代行サービス「SARABA」を実際に使用した内容を紹介しています。

退職代行
参考【退職代行saraba全流れ紹介!】LINEのやり取りわかります

実際に使用した退職代行サービスの利用開始から退職完了までのやり取りを紹介したいと思います。

続きを見る

 

一時的な対処法

メリット

定期的に帰る

お盆や年末年始、大型連休以外も帰省する回数を増やしましょう。

回数を増やすことで、地元へ帰りたい気持ちがやわらぐかもしれません。

帰省する行為自体が良いリフレッシュにもなります。

実家に電話する

定期的に帰ろうと考えていても、交通費や仕事のスケジュール的に難しい場合もあります。

そういう場合は、電話をしてみましょう。それだけで気持ちが満たされる可能性があります。

また、テレビ電話を使用することで地元に帰った気持ちになるかもしれません。

 

地元に戻って働くなら

転職

地元に帰るなら地元企業へ就職・転職するというのが一般的のようです。

「満員電車通勤が無くなる」等のメリットはありますが、

「給料が安い」「希望の職種がない」等のデメリットはあります。

 

地元就職は、生活に直結する致命的なデメリットもあり、ブラック企業が多いのも事実です。

特に地元に帰ったあとに「収入面の不満」を持つ方は多いようです。

東京圏の企業であれば、収入面の問題を解消しやすいです。

 

そこで、当ブログでは地方就職・転職よりも東京圏企業のテレワークを推奨しています。

 

以下の記事で詳細に解説しています。是非参考に。

フリーランス
参考【地方は仕事がない?】働くならリモートワークがおすすめ

地方に移住するとなると仕事面で不安になる方は多いと思います。

続きを見る

 

体験談

口コミ

先程も紹介しましたが、僕自身の体験談は以下の記事で紹介しています。是非参考に。

地方移住
参考地元に帰りたい30代が増えている

地元にUターンしたい30代の方々が増えているそうです。

続きを見る

 

まとめ

フリーランス

まとめ

  • 上京した多くの理由は、都心には可能性があるから
  • 地元に帰りたい方の多くは、ストレスフリーを求めている
  • 地元の文化や人間性、仕事面から帰りたくない方も一定数いる
  • 「会社が嫌」というだけの理由なら転職を検討しよう
  • 帰りたいのに帰れない状況なら帰省回数を増やしたり電話しよう
  • 地方で働くなら、テレワークがおすすめ

以上になります。参考になったら幸いです。

  • この記事を書いた人

ようかん

sier系企業で10年以上、システムエンジニアしてました。 現在はフリーランスへ転身して地方で暮らしています。

-田舎暮らし
-,